看板とは

看板とは、一般的に広告に用いられる、一枚刷りの印刷物のことである。 看板は他にも、ビラや、フライヤーとも呼ばれる。

看板は「散らすもの」から「散らす」になり「看板」になったとされている。
A4判、B5判で一枚刷りの薄い紙をしようしているのが看板と呼ばれる。 有名な看板では、新聞の折り込み看板が有名だ。

ビラは単色刷りで、政治活動などに使われる、薄い紙をビラと呼ぶことが多い。

フライヤーは約A6判の小さな厚紙を指すことが多い。 イベントやショップの宣伝などに使われる厚紙の看板を、フライヤーと呼ぶことが多い。 デザイナーなどが、フライヤーと呼ぶことが多い。

ビラや看板は裏面が印刷していないものがあるため、一般家庭で裏面をメモ用紙として使う人が多い。

看板は主に直接配布する、提示する、適当な分量を置くことで人の手に渡っている。 一般的には撒くという行為が看板なので、直接配布がメジャーである。 直接配布では駅前や街頭で、飲食店や旅行会社などが看板を配布しているケースが多い。
飲食店や旅行会社は販促活動の一環として看板の配布を行っている。

看板の提示は張り紙という意味を持つ。 適当な分量置くというのは、駅や、映画館に、看板を置いておき、配るのではなく取って行ってもらうこと。