ポスターとは

ポスターとは屋外、屋内問わず、壁面や柱などに掲示する、紙の広告である。

通常ポスターは大判の紙か、それに類似するものに広告を印刷し、それを大量に生産する。
ポスターの背景には絵画、イラスト、写真が主に使われ、前面にメッセージが記載されることが多い。 ポスターは掲示するために造られたものである。
掲示ではなく、配布されるために作られるチラシなどはポスターとは呼ばない。 紙や印刷などによらない看板はポスターではない。 電車内の吊り広告や、学校などの壁新聞なども通常ポスターとは呼ばない。

ポスターというと選挙ポスターが有名である。 選挙の時期になると立候補者は必ず選挙ポスターを作り、市民にアピールする。

街中では、「飲酒はダメ」や「覚せい剤ゼッタイダメ」などの注意喚起のポスターも良く目にする。

飲食店でも季節に合わせたポスターなどが作られる。 夏になるとビールのポスター、冬になると鍋のポスターなどが掲示される。

研究発表の際にもポスターが使われることがあり、ポスター発表やポスターセッションと呼ばれる。 大判の紙に研究内容をまとめたものを提示する。

近年ではデジタルポスターといった紙や印刷を使わないポスターが登場している。 デジタルポスターは駅構内や地下通路などに設置されている、液晶で表示されるポスターである。